久留米中央保険サービス株式会社ではライフスタイルに合わせた生命保険の保障の見直し無料相談会実施中!自動車保険、損害保険、超保険もお任せ下さい
ファイナンシャル・プランナーの保険コラム「知っ得情報」

『医療費っていくらかかるのですか?』FPのおはなしvol.8

今回、お子さんの医療保障に関するご相談も多いので、
ちょっとした一例ですが12月にうちの子供が入院する事がありました。
幸い、点滴による治療で6日間の入院と軽いものでした。

その時の病院に払った総額が、約84000円。
そのうち、ベッドが空いてなく、室料や食事代などもあり、
実際の治療費は約68000円でした。
意外とかかるんだなーと実感しました。が、しかし私に朗報が届きました。

久留米市では、H22年10月から小学生の入院に医療費の一部助成があるとのことでした。
私も知らなかったのですが、
自己負担が1日当たり500円限度として合計では3500円が限度額。
(詳しくは、市役所の窓口にて丁寧に教えて頂けます)
入院は、6日間だったので3000円以上の分は、
還付されるらしいです(現在申請中)。
ということで、実際には、84000円-68000円+3000円=19000円くらいになり、
一日当たり、3200円くらいの計算になります。

ほんの一例なのですが、
小学生までは、比較的高額な医療費がかからない社会保障になっているように感じました。
(もちろん入院すると他にもいろいろ大変なのですが・・)

でも大人になるとそのような一部助成は、ありませんし、
老後の医療にかかる支出も心配です。
最近の医療事情からすると、入院期間は、
短くて結構高額な治療費がかかる傾向のようです。
もちろん、健康保険を使えば、高額療養費医療の対象にもなりますが、
先進医療での治療も増えてきました。
医療保険のご相談も多いので、参考になれば幸いです。

2011.05.02 PM 06:47

コメントは受け付けていません。

お気軽にお問合せ下さい!

▲上へ